軽貨物.COM 開業から申請までをナビゲート 軽貨物運送業開業の情報集




トップページ 開業手続き FC型企業一覧 募集企業一覧 軽貨物用車両 軽貨物関連サイト

 

 軽貨物運送事業の開業を検討してみる

以前は新車か3年以内の中古車という規定がありましが 現在は撤廃され年数などの規則がなくなりました。 初期費用は申請などを自分で行えばかなり抑える事が出来、他業種を比較してもリスクの少ない業種と言えます。またインターネットや世間の話では「軽貨物、赤帽(俗称)は稼げない」と言われていますが その辺りはどうなのかを少しづつ見て行きましょう。
            

まずは下記の記事を読んで判断される事をおすすめいたします。

            
      軽貨物・軽配送おすすめ記事   
      
 

  貨物自動車運送事業法第36条

軽貨物運送業開業の届出についての法律

貨物自動車運送事業法第36条
貨物軽自動車運送事業を経営しようとするも者は、国土交通省令で定めるところにより、営業所の名称及び位置、事業用自動車の概要その他の事項を国土交通大臣に届出なければならない。 当該届出をした者が届出をした事項を変更しようとするときも同様とする。貨物軽自動車運送事業者は、事業を廃止し、事業の全部を譲渡し、又は分割により事業の全部を承継させたときは、遅滞なくその旨を国土交通大臣に届け出なければならない。
罰則
第36条規定に違反した者は100万円以下の「罰金」
となっており厳格に法律により規制されています。当たり前ですが届出をせずに営業する事は法に反する行為となるのです。

 

軽貨物運送の内職商法

まずはこの記事を読んでいただきたい国民生活センター『軽貨物運送の内職商法』
いかがでしょうか?この事例でもあるように「規定の車両を購入する条件」というは業界的に当たり前に行われています。 この様な事態にならない為にも情報をしっかりと揃え数社の説明を聞いてから開始される事をおすすめいたします。 中には優良で健全な会社も多くあり、車両持ち込み可能も多く見受けられる事が出来ます。
 

年齢に関係なく開業が可能な軽貨物運送

この記事を読んでいただきたい40歳からでも十分間に合う軽配送
やる気と少しの勇気で始める事が可能なのが軽貨物運送業なのである。
逆に言えば30歳代まで苦痛を強いられていた方にとっては精神的に随分と楽になる仕事と思えます。
上司はいないし、嫌な飲み会もありません、会議もなければ売上予算もありません、あくまで個人管理なのです。 また初期投資も車の購入費程度で済むのも良い面です、飲食業や他の業種では多額の資金が必要なのに対して 軽配送は多くて100万円前後、少ない場合は0円に近い資金で開業が可能なのです。
次にこの記事をご覧ください軽配送3ヶ月収支40万円前後を 稼いでいるのを確認していただけただろうか。
初心者でも初月からこの程度の収入を得る事が可能という事です。
若い20歳代の上司に指示されて25万円の給与の職場よりもすっと魅力的に映ります。 いかがでしょうか?興味が沸いて来ましたでしょうか?



 

相互リンク集

相互リンク
相互リンク募集
WEBの星★YELLOW-NAVI
ちょいデブおやじの検索エンジン

Toplinkサーチ
情報満載!Useful Site.jp
相互リンク集
自動相互リンク集
相互リンク



Copyright © 2010 軽貨物.COM 開業から申請までをナビゲート 軽貨物運送業開業の情報集 All rights reserved.
by 軽貨物.COM 開業から申請までをナビゲート 軽貨物運送業開業の情報集